[PR]

 中国の習近平(シーチンピン)指導部は13日、金融監督部門の統合を柱とする国務院(政府)の機構改革案を全国人民代表大会(全人代)に示した。反腐敗闘争の新たな司令塔となる「国家監察委員会」の運用を定める監察法案の内容も説明された。習氏の肝煎り政策に合わせ、国のガバナンスの仕組みを造りかえる狙いがにじむ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも