[PR]

 経済協力開発機構(OECD)は13日、世界経済見通しの中間評価を発表した。日本の国内総生産(GDP)の実質成長率について2018年が1.5%、19年が1.1%になるとし、昨年11月時点の予想に比べてそれぞれ0.3ポイント、0.1ポイント上方修正した。輸出の伸びや、補正予算による財政支出が成長を下支…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも