[PR]

 ロシア・フィギュアスケート連盟は13日、女子で平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワが2連覇中だった世界選手権(21~24日・ミラノ)を欠場すると発表した。平昌五輪後、右足の痛みが強まり、医師に足に負担がかかるジャンプを4~8週間は控えるように勧められたという。(共同)

こんなニュースも