[PR]

 ■ハイライト

 2番目でゴールして、男子スプリント・クラシカル立位の新田佳浩(日立ソリューションズ)は仰向けに倒れ込んだ。「金じゃないとだめ。なんで取れなかったんだろう」。8年ぶりのメダルにも、悔し涙が流れた。

 壮絶なデッドヒートになった。3選手がほぼ並んで最後の200メートルの直線に入った。新…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも