[PR]

 夫婦が別姓を選べる仕組みがないのは法の下の平等を保障した憲法に違反するとして、東京都と広島市の事実婚の男女4組が14日、婚姻後の氏を「夫と妻の両方」とした婚姻届の受理を命じる審判を求め、東京と広島の家裁に申し立てた。今後、国や自治体に損害賠償を求める訴えも起こす。

 弁護団によると、4組は2月以降…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも