[PR]

 ソラシドエアが体調不良の機長に飛行機を操縦させたとして、国土交通省は14日付で同社を厳重注意したと発表した。健康管理が不十分で航空法違反の可能性があり、4月11日までに再発防止策を提出するよう指示した。

 国交省と同社によると、2月24日の羽田発長崎行き「SNJ39便」(乗客171人)の男性機長(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも