[PR]

 障害者が働きながら技能を身につける「就労継続支援A型事業所」の約7割が、事業活動の利益だけでは利用者の賃金をまかなえず、国や自治体から受けとる運営費や助成金で補っていることが分かった。公費は原則賃金に回せず、厚生労働省はこうした事業所に昨春から経営改善計画書の提出を義務づけ、原則1年以内の改善を求…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも