[PR]

 津波で全壊し、町長ら職員39人が犠牲になった岩手県旧大槌町役場=写真中央。工事で町の風景が変わる中、被害を伝える「震災遺構」の保存、解体をめぐり町民の意見が割れている。

 解体方針を掲げて2015年に当選した平野公三町長(61)は「見るとつらい、という町民に寄り添う」として、15日の町議会に解体予…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも