[PR]

 天才画家の遺作の修復を通し、交錯する母娘を描いた劇団青年座の新作「砂塵(さじん)のニケ」(長田育恵作)が23日、東京・代々木八幡の青年座劇場で始まる。演出は宮田慶子、母を増子倭文江(ますこしずえ)が演じる。

 美術修復家の理沙(那須凜〈りん〉)が画家(綱島郷太郎)の遺作を修復する過程で、封印された…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも