[PR]

 東京電力福島第一原発事故後、福島県から東京都に避難した住民ら17世帯47人が国と東電に総額約6億3千万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が16日、東京地裁であった。水野有子裁判長は国と東電の責任を認定。自主避難者についても「避難は合理的な判断」として42人に計約5900万円を支払うよう命じた。

 …

この記事は有料会員記事です。残り1445文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1445文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1445文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも