(風 プノンペンから)日本の法整備支援、思い継ぐ若者 貝瀬秋彦

有料会員記事

[PR]

 「この国にまだ足りないものを、自分なりに何とかしていきたいんです」。22歳の大学生、クム・カエマリーさんはなめらかな日本語で話した。

 カンボジアの首都プノンペンにある王立法経大学。その一角に名古屋大学の「日本法教育研究センター(CJL)」ができて、今年で10年になる。法経大から選抜された学生らが…

この記事は有料会員記事です。残り1076文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら