(プーチン帝国 2018ロシア大統領選)クリミア開発、深まる孤立 併合から4年、欧米の制裁続く

有料会員記事

[PR]

 ロシア大統領選は18日、投票があった。2014年の同じ日にプーチン大統領が併合を宣言したウクライナ南部クリミア半島では、148万の有権者の多くが初めて投票した。併合後、政権は国民の愛国心をかき立てる象徴として、半島に巨額の開発資金を投入してきたが、クリミアをロシアの領土と認める国はごくわずか。ロシ…

この記事は有料会員記事です。残り1905文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら