(世界発2018)カンボジア選挙、割れる国際支援 関与深める中国、日本は懸念

有料会員記事

[PR]

 カンボジアで7月に予定される総選挙をめぐり、カンボジアと深い関わりを持つ日本と中国が支援を表明する一方、欧米は最大野党の解党などを理由に「正当性が問われる」として支援を中止した。独裁色を強めるフン・セン政権への国際社会の対応は割れている。(プノンペン=鈴木暁子、貝瀬秋彦)

 タイと国境を接するカ…

この記事は有料会員記事です。残り2456文字有料会員になると続きをお読みいただけます。