[PR]

 ■がぜん興味が

 3月の「100分de名著」(Eテレ)は、松本清張作品。今まで敬遠していた分野の小説ですが、第1回の「点と線」(5日)を見て、がぜん興味が湧いてきました。まず舞台が私の住む町のすぐ近くであるということ、殺人事件の動機が登場人物それぞれの心の奥底にある嫉妬や権力など、今の世の中にも通…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも