[PR]

 (32面から続く)

 壁画ワーキンググループの材料調査班(座長=高妻洋成〈こうづまようせい〉・奈良文化財研究所埋蔵文化財センター長)は、焼損壁画にどんな材料が使われていたのか、その保存の課題は何かを科学的に探っている。今後、様々な先端技術を使った詳細な調査が本格化しそうだ。

 高妻座長は「壁画に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも