[PR]

 上演パンフレット掲載の作者の言葉によれば、江戸を舞台にした「身代わりの喜劇」を書きたいと思ったのは、20年前にさかのぼるという。それが急浮上したのは、自前の劇場が建て替え中のパルコから松竹の新橋演舞場で「幕末太陽傳」のような話ができないかと声をかけられ、それなら一度起用したことのある松岡昌宏と組み…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも