[PR]

 ■人生を小説にする野望の行方

 人生を作品として織り上げ、書くことで、そこにひそむ秘密を解明すること。

 そんな野望を抱いた民族学者のミシェル・レリスは「ゲームの規則」と名づけたシリーズを、36年間にわたり書き続けた。

 シリーズは幼少期の思い出からはじまるが、客観的な自伝の形をとるわけではない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも