(書評)『3つのゼロの世界 貧困0・失業0・CO2排出0の新たな経済』 ムハマド・ユヌス〈著〉

有料記事

[PR]

 ■人類の問題を「無私の心」で解く

 2008年の世界金融危機勃発以降、先進国の中央銀行は市場に大量のマネーを注入してきた。10年後の現在、世界経済は好調さを取り戻している。

 しかしこれは、超金融緩和策が生んだ新たな資産バブルで、資本主義の問題がひとまず糊塗(こと)された結果のように評者には見える…

この記事は有料記事です。残り803文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント