[PR]

 気象庁は25日、宮崎・鹿児島県境にある霧島連山・新燃(しんもえ)岳(1421メートル)で噴火が2回起き、ごく小規模の火砕流が確認されたと発表した。1日午前から続く一連の噴火活動で火砕流は初。気象庁によると、噴火が起きたのは午前7時35分と8時45分。7時の噴火は15日以来の爆発的噴火で、噴煙の高さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも