[PR]

 三重県沖で観測されてきた2種の「ゆっくり地震」について、同一の現象の可能性があることが海洋研究開発機構などの研究でわかった。同様の現象が南海トラフ地震の想定震源域の広い範囲で起きている可能性を示す成果で、巨大地震発生の仕組みの理解につながるという。論文が英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに14…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも