(社説余滴)人類の持続可能性と憲法 大牟田透

有料記事

[PR]

 現代社会のキーワードを一つ選ぶとしたら――。いささか手あかがついた感はあるが「持続可能性」を挙げたい。

 30年ほど前まで学者など一部の人しか使わなかった言葉だ。科学技術で増幅された人類の力が招いた多くの危機が認識され、一気に広まった。

 資源の枯渇や環境汚染、何万年も影響を残す放射性廃棄物の蓄積…

この記事は有料記事です。残り825文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載社説余滴

この連載の一覧を見る