[PR]

 自民、公明両党は30日、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を検討する作業部会を開き、カジノ事業者の納付金率など4項目で大筋合意した。両党は、週明けの合意をめざすが、日本人のカジノへの入場料をめぐっては依然隔たりがある。

 作業部会では、カジノ事業者がカジノ収入に応じて支払う納付金率を一律…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも