[PR]

 「かくれキリシタン」と呼ばれる人々がいる。江戸時代の禁教期も信仰を守り、解禁後もそれまでの儀式や慣習を変えなかった。だが、いま私たちが知るキリスト教とは、信仰の中身がかなり異なるようだ。

 1549年、イエズス会のフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸し、日本でキリスト教の布教が始まる。九州を中心にキリシタン大名が現れ、信者も増えたが、勢力の拡大を恐れた豊臣秀吉や徳川幕府は宣教師の追放令や禁教令を出す。弾圧に反発した農民らが1637年に島原・天草一揆を起こすもののほぼ皆殺しにされ、信者は長い潜伏時代を生きることになる。

 明治維新を迎え、1873年に禁教の高札が廃される。カトリックに合流する信者がいる一方で、それまでの信仰形態を手放さない集団がいた。西九州の「かくれ(隠れ、カクレ)キリシタン」と呼ばれる人々だ。今、最も多い生月島(いきつきじま)(長崎県平戸市)で300人ほどとも言われる。

 信徒らは潜伏期から地域ごとに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも