[PR]

 財務省による公文書改ざんが政権を直撃し、安倍晋三首相が熱望する憲法改正はひとまず政治の後景に退いた感が強い。それでも、首相が改憲への意欲を改めて示した3月25日の自民党大会までの党内議論については、やはり振り返っておきたい。

    *

 昨年6月からの党憲法改正推進本部の議論を取材して感じたのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも