[PR]

 演劇を取材していると、頭の中に食い込み、いつまでも問いかけてくる作品に時折出会う。1月に東京で見たフェルディナント・フォン・シーラッハ作「テロ」(酒寄進一訳、森新太郎演出)もその一つだ。

 舞台は現代、ドイツの法廷。テロリストに乗っ取られ、7万人で埋まるサッカー場へ向かった旅客機を、空軍少佐が撃墜…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも