[PR]

 イサム・ノグチの彫刻に「ヴォイド」と名づけられた一連の作品がある。巨大なドーナツを立てたようなかたち。真ん中に空洞があいている。ヴォイドとはこの中空、まさに何もないこと。ドーナツはその穴にこそ意味があるということだろうか。これは図と地の問題とも言い換えられる。だまし絵に、白いつぼと見えたものが、実…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも