[PR]

 ■広島のカキ漁師も動いた。「宮城の問題ではなく、日本のカキの危機なんじゃ」

 「これで最後にしよう」。2011年5月の連休中、広島県水産課の職員だった宮林豊(みやばやしゆたか)(60)はそう考えながら、宮城県気仙沼市の唐桑(からくわ)半島の高台にあるカキ養殖漁師、畠山政則(はたけやままさのり)(6…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも