[PR]

 東京電力福島第一原発事故で故郷での生活を奪われたなどとして、福島県内の避難指示区域に住んでいた住民らが総額130億円の損害賠償を求めた集団訴訟で、東電に6億1千万円の賠償を命じた福島地裁いわき支部の判決を不服として、原告の216人全員が4日、仙台高裁に控訴した。東電も同日控訴した。

こんなニュースも