[PR]

 明治~大正時代、京都から世界へ輸出され、絢爛(けんらん)豪華な美しさで人々を魅了した焼き物があった。「京薩摩(きょうさつま)」。半世紀ほどで姿を消し、「幻の焼き物」とも言われる。その窯元の知られざる歴史を、子孫の元証券マンが追いかけ、評伝にまとめた。明治維新、東京遷都、不況、そして戦争。先祖たちは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも