今向かう、ベートーベンの扉 「対峙できる実感」 ピアニスト伊藤恵がリサイタル

有料会員記事

[PR]

 ピアニストの伊藤恵(けい)が、ベートーベンに本格的に取り組む。シューマン、シューベルトを集中的に弾いた後、満を持しての挑戦だ。ベートーベンが亡くなった56歳を超え、「作品を俯瞰(ふかん)して、対峙(たいじ)できる実感が出てきた」という。

 はじめの一歩は、12日に京都市、14日に名古屋市、29日…

この記事は有料会員記事です。残り750文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら