(評・音楽)ジョーン・オズボーン かみしめながら歌うディラン

有料会員記事

[PR]

 1995年に「ワン・オヴ・アス」という大ヒット曲で知られたジョーン・オズボーンはその後ヒットに恵まれず、ソウルやブルーズの名曲をときどき大胆な解釈で取り上げる歌手というイメージが強くなった。昨年発表した最新作「ソングズ・オヴ・ボブ・ディラン」はディランの曲に特化した内容で、様々な時期の曲を比較的忠…

この記事は有料会員記事です。残り555文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら