(評・舞台)歌舞伎座「四月大歌舞伎」 真に恐るべきは権力の意思

有料会員記事

[PR]

 夜。鶴屋南北作「絵本合法衢(がっぽうがつじ)」で、仁左衛門の左枝(さえだ)大学之助が、闇の中に現れて深編笠(あみがさ)を取ると、背筋が寒くなるほど美しい。彼はお家乗っ取りを図り、忠臣高橋家の長男瀬左衛門(弥十郎)を騙(だま)し討ちにする。仁左衛門のもう一役、大学之助の家来・立場(たてば)の太平次は…

この記事は有料会員記事です。残り606文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら