[PR]

 2022年度から実施される高校の学習指導要領で、家庭科の学習方法が変わる。「生涯の生活設計」を核に、少子高齢化社会に対応するため、家族のケアをする技術や、将来の経済設計なども身につける。識者からは、「自己責任の生き方が強調される」という懸念の声もあがっている。

 ■少子高齢化対応、授業先行の県も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも