(評・美術)「小磯良平と吉原治良」展 同時代の2人、対照的な歩み

有料会員記事

[PR]

 ともに阪神地区に生まれ育ち、同時代を生きた小磯良平(1903~88)と吉原治良(よしはらじろう)(1905~72)。2人の画業を時代ごとに展示し、比較する興味深い展覧会「小磯良平と吉原治良」が兵庫県立美術館で開かれている。

 神戸生まれの小磯は、東京美術学校西洋画科を首席で卒業し、的確な描写による…

この記事は有料会員記事です。残り769文字有料会員になると続きをお読みいただけます。