世界映す、多様な表現 シドニー・ビエンナーレ

有料会員記事

[PR]

 オーストラリアで開催中の巨大現代美術展「第21回シドニー・ビエンナーレ」は、「世界の縮図」を目指し、社会派から抽象芸術まで多様な表現を包み込むように展開されている。芸術監督の片岡真実氏が選んだ69作家約300点の中から、注目作をキーワードごとにまとめて紹介すると――。

 まず、スケールの大きいと…

この記事は有料会員記事です。残り1648文字有料会員になると続きをお読みいただけます。