[PR]

 ■養殖漁師の「敵」と思い込んでいた環境NGO。「自然への思いは同じだった」

 カキの成長をよくするため、宮城県南三陸町の県漁協戸倉出張所のカキ部会長、後藤清広(ごとうきよひろ)(57)は東日本大震災で養殖いかだが消失したのを機に、それまでひしめきあっていたその数をかなり減らす決断をした。

 環境N…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも