天皇陛下は11日、皇居内の苗代に、イネの種もみをまいた=写真、宮内庁提供。天皇による稲作は、昭和天皇が品種研究や農家の苦労をしのぶために始め、今の陛下が引き継いだ。来年の代替わり後は、新天皇となる皇太子さまが続けるとみられる。

 天皇陛下は強風の中、ニホンマサリ(うるち米)とマンゲツモチ(もち米)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも