[PR]

 財務省は11日の財政制度等審議会で、社会保障費の抑制に向けた具体策を示した。費用対効果が低い新薬は保険適用を見送ったり、少額の受診時に一定の追加負担を求めたりすることなど、約20項目を並べた。6月にまとめる政府の新しい財政健全化計画に反映させたい考えだ。

 社会保障費は国の予算の3分の1超を占め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも