[PR]

 経済産業省は11日、東京電力福島第一原発の今年度から3年間にかかる廃炉費用を約7千億円とした東電の計画を承認し、公表した。廃炉・汚染水対策の具体的な費用が明らかになるのは初めて。

 経産省は2016年末、廃炉費用が従来の想定の2兆円から8兆円に膨らむと試算。資金管理のため「原子力損害賠償・廃炉等支…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも