[PR]

 自民、公明両党は11日、公文書管理の改革を協議するワーキングチーム(WT)の初会合を開いた。公文書に関わる問題が続出していることを受け、座長の新藤義孝元総務相(自民)は「国民から大きな不信の声があることを受け止めなければならない」とあいさつ。速やかに対応策をまとめた中間報告を作る考えを示した。

こんなニュースも