[PR]

 ●伊達聖伸著『ライシテから読む現代フランス』 革命の人権思想に立脚するフランスの政教分離は、国家アイデンティティーと個人、多数派と少数派など様々な位相で問題化されてきた。現在も学校など公共空間でのムスリム女性のベール着用をめぐり、フェミニズムや移民差別、植民地主義などと関わる多様な論争が続いている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも