[PR]

 ■宮城のカキはむき身がほとんど。「震災からの立て直しは殻付きカキだ」

 カキフライ、カキ鍋にカキ酢……。生産量全国2位の宮城県のカキのほとんどは、そんな料理に合う「むき身」で出荷されてきた。ところが最近はむき身の消費が減り、殻付きカキを出すオイスターバーが増えている。

 震災の3カ月後、県の気仙沼…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも