[PR]

 ヤクルトは九回に2点差を追いつかれる嫌な展開。振り払ったのは、この日、1軍に昇格したばかりの雄平だった。直後の延長十回、決勝打を放った。

 山田哲の二塁打と犠打で1死三塁。犠飛でも良い状況でも「ヒットを狙いにいった」という。ドリスの球に逆らわず、この日3本目の安打が左前ではずんだ。

 下半身のコン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも