[PR]

 シリアの上空に14日未明、爆音が響いた。米英仏による攻撃の規模は限定的で、シリア内戦で政権軍が優勢な情勢は揺るがないとみられる。だが、米国とアサド政権の後ろ盾であるロシアとの緊張の高まりは、内戦終結への道筋をさらに困難にしそうだ。▼1面参照

 シリア国営テレビは14日朝、首都ダマスカス中心部でア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも