[PR]

 「ありがとう。愛すべき白鳥よ」と歌う至純な響き。神の遣わした騎士ローエングリンが、その崇高さを直感させる登場シーンだ。「東京・春・音楽祭」のワーグナー・シリーズ(演奏会形式)。歌劇「ローエングリン」は題名役のクラウス・フロリアン・フォークトの第一声で、成功を予感させた(8日、東京文化会館大ホール)…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも