[PR]

 ソフトウェア会社「サイボウズ」(東京)の青野慶久社長(46)ら4人が、選択的夫婦別姓を認めない現行の法制度で不利益を被ったとして、国に計220万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、東京地裁であった。国側は請求の棄却を求めた。

 青野さんはこの日の意見陳述で、「名字を変えなければならな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも