[PR]

 雪の結晶を「雪華(せっか)」と名付けたのは、古河(こが)藩(茨城県)の第4代藩主土井利位(どいとしつら)だ。江戸末期に日本で初めて雪の結晶を顕微鏡で観察し、「雪華図説」として出版。かれんな数々の雪華文様は着物や器などにあしらわれ、江戸の庶民の間で大流行した。

 連載3回目で紹介した「みちのくの雪博…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも