[PR]

 ■産官学一体で取り組んだ未産卵カキの開発。1年で大きく育てるメドも立った。

 東日本大震災で大きな打撃を受けた宮城県のカキ産業の起爆剤に――。生育1年以内の、甘みの強い未産卵カキを殻付きの「あまころ牡蠣(かき)」として商品化する県の試みは、2013年秋から同県南三陸町の志津川湾で始まった。

 参加…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも