ソフトバンクグループ、939億円申告漏れ 租税回避地の子会社所得 国税指摘

有料会員記事

[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG、東京都港区)が東京国税局税務調査を受け、2016年3月期までの4年間で約939億円の申告漏れを指摘されたことがわかった。買収した海外企業がタックスヘイブン租税回避地)に持っていた子会社の所得について、SBGの所得と合算すべきだと判断されたという。追徴税額は過少申告…

この記事は有料会員記事です。残り1089文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら