技能実習後も5年就労 外国人に新在留資格 政府検討

有料会員記事

[PR]

 農業や介護現場などの人手不足に対応しようと、政府は、外国人労働者向けの新たな在留資格を設ける方向で検討に入った。最長5年の「技能実習」を終えるなどした外国人が、さらに最長で5年就労できるようにする。出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案を秋の臨時国会に提出、成立させ、来年度からの新制度施行をめざ…

この記事は有料会員記事です。残り653文字有料会員になると続きをお読みいただけます。